teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


なんとなく

 投稿者:子供の親  投稿日:2006年 6月23日(金)12時56分7秒
  県立学校の統廃合についてとか全然出てきませんね。
小学校の暴力がでてましたが未成年の犯罪は後を絶ちませんね。
保育園の茶髪、けんか(暴力)いじめ・・ということであれこれ・・・保育園に注目してきたような教育方針があるような。(文科省の)高校関係者は中学校へ中学校は小学校へ、小学校は保育園へクレームをつける。当然家庭にもクレームをつける学校はあるでしょう!
 子育て支援はもっと大胆に思い切ってしてほしい。だいじな幼少期に(しつけは3歳まで等々参考にしました)親は朝早くから夜遅くまで仕事をしなければならない状況で子供とのかかわりは一週間で何分くらいあるのでしょうか。何かデーターはないですか?
 
 

(無題)

 投稿者:県民  投稿日:2006年 5月27日(土)12時20分35秒
  先日行われた県青少協の「教育現場最前線」に参加しました。高知県には、いわゆる日教組の先生方ばかりがいらっしゃると思っていましたのでお話を聞いてたいへん驚きました。学校現場で起きている事象を詳しくお聞きして、日本の将来に不安を感じました。これからも、高教連のみなさんのような先生方が増えて、学校教育が本来の教育の場になっていくことを切に思いました。ありがとうございました。  

一般県民の教育への関心

 投稿者:事務局  投稿日:2006年 4月10日(月)21時42分12秒
  最近、一般県民の方々の様々な会合に呼んでいただく機会を得ている。そこでお会いする方々は、本当に高知県、日本の教育に危機感を持たれ、「このままではいかん。日本が滅びる」とおっしゃる。わたしたちも同感である。世界に冠する日本人の道徳心がいまや風前の灯火である。それと同時に、自分が日本人であることに誇りを持てず、何事にもだらしない子供たちが増えている。その原因の根幹は何か?今一度、教員だけでなく、県民と一緒になって考えていく必要があると思う。
 これからも、積極的に一般県民の方々の会合にも参加していきたい。「高教連」に興味を持って頂き、ともに日本の高知県の教育を正していっていただける多くの県民と力を合わせていきたい。
 

教師塾に参加しました

 投稿者:講師会員  投稿日:2006年 3月 5日(日)16時06分25秒
  昨日の教師塾にご参加の先生方,お疲れ様でした。

今回のテーマは
「公立小中学校の卒業式~その現状と課題~」です。

小中高校の卒業式の現状の報告がありました。
対面式で,演台を使うことない卒業式,
国歌斉唱に着席する生徒たち,
式の間のおしゃべりや携帯電話の使用,
君が代・日の丸が国歌・国旗と決められていても,
依然,多くの課題が残っている報告がありました。
また,国旗校旗をステージに掲げている,
壇上にスリッパをぬいであがり,国旗に一礼する
また生徒たちがザッと起立し,五秒間のお礼をする,
厳粛な式が行われている報告もありました。

いずれにしても,
卒業式は,それまでの教育実践の集大成であり,
日頃の指導の成果であり,結果になります。
普段からの姿勢・礼・返事・ルールやマナーの指導が,
いかに大切であるか,考えさせられました。

自分の学級の有様を振り返り,
まだまだ詰めができていないと反省ばかりです。
私自身が,どれほどの熱意を持ち取り組んでいるのか,
またどのような姿勢で日々の教育実践に励んでいるのか,
改めて考える機会になりました。

さらにたくさんの方に参加いただき,
いろいろな立場でのご意見をお伺いできれば,
いち参加者としてもうれしく思います。
次回がますます楽しみになりました。

ありがとうございました。
 

東京教育研究連盟の旗揚げ

 投稿者:事務局  投稿日:2006年 2月19日(日)14時13分27秒
  平成18年2月11日(土)に「東京発 信頼と誇りある教育の復活」を目指して、東京都に新組織「東京都教育研究連盟」が発足し、全日本教職員連盟に加盟しました。この組織は、教育の荒廃が叫ばれて久しい東京都に真の教育を取り戻すために造られた組織で、管理職・教職員だけではなく、PTAや各種議員など一般の賛助会員が含まれています。いわゆる教育関係者だけの組織ではなく、門戸を広く開き、都民とともに新しい東京の教育を創造し、実践していく組織です。
 残念ながら高知県には教育正常化を目指す一般県民を巻き込んだこのような組織がありません。今後の高知県の教育を広く考えていく上では、現状の教育を憂う一般県民とともに活動していくことが必要であると考えています。
 

新年あけましておめでとうございます

 投稿者:事務局メール  投稿日:2006年 1月 9日(月)09時22分58秒
  事務局一同、本年も高知県の教育正常化に向けて全力投球していきたいと思います。会員のみなさまにおかれましても健康に留意せられ益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
県民の期待に応える教育を目指し、学校現場で頑張りましょう。
 

教師塾に参加しました

 投稿者:講師会員  投稿日:2005年11月 6日(日)20時32分8秒
  教師塾にご参加の先生方,お疲れ様でした。

教員採用試験が終わったこの時期は,
試験に受からなかったふがいない気持ちから,
どうしても落ち込みがちになります。
そんな思いを,他の講師の先生方と共有できただけで,
明日からがんばる励みになります。
すでに採用試験が終わったとき,来年度の採用試験が始まっている,
そんなお話をきくと,やはりおちこむ暇はなく,
毎日の仕事を精一杯がんばらなければならないと気持ちが高まります。
先生方とお話ができ,貴重なときを過ごすことができました。

夜の会で,先生方の教育にかける熱い思いに触れることができました。
教師として人として,生徒や保護者,同僚にどう向き合うのか,
その姿勢をすこし学ぶことができたように思います。

まだまだ未熟者ですが,
これからも熱くやさしくご指導いただきたいと思います。

今度の教師塾のますますの充実を期待し,
また多くの先生方とお話させていただけることを楽しみにし,
私自身の教師としての成長を振り返る機会にしていきます。

ありがとうございました。


PS:HPリニューアルかっこいいです。
 

教育熱心な還暦じいさんがキレキレのBBSはじめました。

 投稿者:Depper ∨ Shinshiro  投稿日:2005年11月 4日(金)22時05分16秒
  はじめまして。
管理人様失礼します。
告知させてください。
不適切な場合は削除お願いします。

教えたがりの美塾講師Shinshiro と
DJしたがりのDr. DEPPERが、
http://medehome.com/information/apprec02.html
「POWER BEAT PARTY」という、
http://6718.teacup.com/depper/bbs
♪Boogie-Woogie♪Rock & Roll♪Rock-A-Billy♪Rock♪Punk♪Hard-Core♪
キレキレロックをシンソコ考え&感じるBBSはじめました。

ぜひお立ち寄りください。





          ♪!

http://6718.teacup.com/depper/bbs

 

一通の封書

 投稿者:事務局メール  投稿日:2005年11月 2日(水)19時10分55秒
   事務所へ一通の郵便封書がありました。プライバシー保護のため詳しくは書けませんが、現在の「性教育」に関しての一般県民の方からのご意見でした。
 主な内容は、「現在の性教育」への警鐘です。安易に避妊方法を教え、性交渉を認めたことを前提とした教育がなされているのではないか、そのことによって児童生徒の性へのモラルが低下しているのではないかということでした。
 この件について、お答えしたいと思います。
 教育現場で「性行動の自己決定」などという子どもの発達段階を無視した曖昧な言い回しで性交渉を肯定するかのような指導(単純に性をポジティブにとらえさせるといった指導)や「性感染症や妊娠中絶を防ぐため」という名のもとにコンドームを代表とする避妊方法を教えている現実があります。
 しかし、その性教育の結果は、性非行の低年齢化にも歯止めがかからず、ますます悪化していると言わざるを得ません。最近の調査によれば高校3年生までに男子の37%、女子の45%が性交を経験しており、10代女性の妊娠中絶が年間4万5千件あると言われています。(その中でも高知県は妊娠中絶率が非常に高いのです)
 これらのことを考えたときに、今の性教育の方向性が正しいとは言えません。性教育とは、人格の形成を無視して行うべきではないからです。性は、人として中心的な問題です。ですから、自分を本当に大切にできることや人としての生き方、愛し合うことの本当の意味であったり、お互いを尊重しあうことであったり、互いを気遣う優しさであったり、そういったことと共に性教育をしていく必要があります。性教育の元には、確固たる人格形成の目標がなければならないのです。
 そのためには、子どもの発達段階を十分に考慮し、人としてどう生きていくことが幸せなのかという価値観を育てながら、性と出会わせていくことが必要です。また、成人を対象とした雑誌やDVDなどが、比較的安易に子どもたちの目に触れているという現実があります。こういった社会を大人が責任を持って改善していくことも必要でしょう。
 これからも高教連では、「性教育」が子どもたちにとって、本当の幸せを具現化できる教育になるように研修や現場の改革に取り組んでいきたいと思います。
 

小学生の校内暴力

 投稿者:事務局  投稿日:2005年10月13日(木)18時50分47秒
  文科省が発表した問題行動統計で、小学生の校内暴力が増加しているという結果がでました。心の教育が叫ばれて久しい中大変残念な結果です。多くのストレスを抱え、苦しんでいる子どもたちの姿が見えてきます。大人でもストレスとうまく付き合い、克服することは難しいものです。しかし、このままでいいはずはありません。今の子どもたちに必要な教育とは....。一般のみなさんの意見を聞かせてください。  

レンタル掲示板
/7