teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:44/503 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

北九州支店機構改革

 投稿者:トーハン会有志  投稿日:2008年10月30日(木)10時01分31秒
  通報
  投稿者[トーハン会有志]
【No.213】 タイトル[RE:北九州支店 機構改革その2(Res#212)]
10月29日 トーハン協議=説明会が開かれ、常設展示 図書館向けが基本図書を中心におこなわれること。北九州支店閉鎖の予定のないこと
新WEB外商システム・桶川体制の詳細が発表された。
支店エリアの14点15名が参加した。
雑誌の補充は行わない。支店在庫量を図書館購入に的を絞っていきたい。旧トーネットに比較して、廉価なWEB提供によるWEB環境構築が可能になった。
後課題は 桶川システムの充足率の更なる向上を本社に要望したい。
など説明された。
書店を集めて説明会を行う等 画期的な試みの今後に期待をもたせてくれた。
書店からは 書店の窮状を理解し、客注品のさらなる、早期供給を求める声、重版中・絶版・書籍の事後処理の迅速な連絡を要望する声、高校をターゲットにした販売がしやすい展示蔵書を望む声、報償など書店に
メリットの多い販売対象の提案を望む声などがあがり、できうる限り努力したいと回答された。
展示会は夏季購入は例年通り3階展示会場・常設展示は2階会場で実施
内容の不足や在庫点数の切り替えでメリハリのある、限られた中にもお客様に満足いただける展示会にしていきたいので商品選定・レイアウト等お気づきの点はどんどんもうしいれいただきたい。
次回 協議は5月頃をめどに実施したい。その間それぞれのご意見は担当にお伝えいただければ、対応させていただきたい。
など表明がありました。
書店・取次双方が有機的に連携して、販売のしやすい環境づくりをめざしましょう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:44/503 《前のページ | 次のページ》
/503