teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:52/503 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

共存すること・それを可能にすることを目指して

 投稿者:GB  投稿日:2008年 7月 8日(火)13時22分1秒
  通報
  図書館を巡る状況が大きく変わろうとしています。
納入組合による市場確保は個店の競合から共存を求めています。
生き残りを課題にせざるをえない業界にあって、理不尽なマーク業者の暗躍を断ち切ることで本来の書店業務を市場の拡大の中に追求する。これこそが今求められている書店の任務ではないのでしょうか。
国を挙げて 読書推進が叫ばれ、逆行するかのように書店はすたれ、市に・町に・村に一軒の本屋もないところを増やしていいのか?独自性はない?流れてきたものを売る?それ以外の何かが書店にはあるはず。
やっと手をむすんだ組合が 共栄を模索すべきが奪い合うかのごときテイタラク お互いの手元を確認し、足を引っ張ることのない状況をつくりましょう。個店独自の多様ないきざまをお客様に伝えましょう。
きっと、できます。 自分を・お店を理解していただくこと、相手を理解することが。
奮闘されている納入組合のみなさんへ    !!!   蛇足になることを望んで。
 
 
》記事一覧表示

新着順:52/503 《前のページ | 次のページ》
/503