teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:mukas  投稿日:2015年 9月 9日(水)08時20分16秒
返信・引用
  bo  
 

日・独・伊三国同盟

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2011年 7月 4日(月)08時46分31秒
返信・引用
   福島原発のメルトダウンは、大事(おおごと)の極みじゃー。日本の、そして世界の人々にとって。
 皆さんは、如何思われます?
 日本は、改めて「日・独・伊三国同盟」の締結に尽力すべきでござる。慌てなさんな、軍事同盟ではなく、「脱 原発同盟」でござる。
 ドイツは既に、2025年までに原発の廃棄を決定し、イタリアの国民投票は、原発脱却を支持しましたよのー。
 日本さえ、原発廃棄の旗幟を鮮明にすれば、「日・独・伊原発廃棄三国同盟」は成立でござんす。
 1900年代に、「三国軍事同盟」で世界に悲惨な迷惑をかけた罪滅ぼしに、原発廃棄を高らかに謳いあげては如 何がでござろうか?
 それから序に、「生めよ増やせよ三国同盟」の締結を努力すると良(えー)のー。三国とも「出生率‐Total  Fertility Rate」が、先進国で最低レベルじゃけん!
 一国の将来の根幹の根幹は、出生率でござる。

 
 

可笑しいのー

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2011年 7月 4日(月)07時43分10秒
返信・引用
   色々ありまして、当掲示板への投稿をさぼっており申した。すみませんのー。
 海江田経済相が、玄海原発の再開を促すために、現地説明会を実施したとの由。
 可笑しいのー、私企業の営業に国の大臣がしゃしゃりでるとは、、、。皆さん、如何思います?
 

これでよいのか ODA

 投稿者:ハマの隠居  投稿日:2009年 9月23日(水)14時01分16秒
返信・引用
  以下は、時事通信社のニュース速報概要である。

「インドネシア住民の請求退ける=ODAダム訴訟-東京地裁」
9月10日17時17分配信 時事通信

 日本の政府開発援助(ODA)でインドネシア・スマトラ島に建設されたダムをめぐり、自然環境を破壊され、強制移住で被害を受けたとして、現地住民約8400人が日本政府や国際協力機構(JICA)などに総額約419億円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、原告側の請求を退けた。ODAによる海外での被害について争われ、司法判断が出たのは初めて。
 中村也寸志裁判長は、住民の移住や補償の問題は援助を受けた国の内政上の問題で、日本政府などは住民への法的義務を負わないと判断した。
 原告側は日本政府によるインドネシア政府への環境復元工事の勧告も求めたが、同裁判長は「司法権の限界を超え、不適法」として却下した。

  しかし、昔の話ならともかく、昨今、世界中で 地球環境保護が叫ばれている中で、日本国ODAは、単に 資金援助に関わっただけであって、相手国の国内環境問題は 与かり知らぬことである、と 日本国内法を盾に、原告を門前払いする東京地裁の見識には、驚くほかない。
  たとえば、世界銀行では、このような問題を惹起しないように、資金援助対象のプロジェクトごとに、事前に、慎重な影響評価の調査を実施し、その組織内の最高レベルの会議で評価判断を下していると報じられている(真水の学び舎 輪読テキスト)。
  井の中の 日本国司法のかたくななスタンスが変わらないとすれば、世界の地球温暖化防止活動のイニシアチブ を執らんとする 国の行政が、同義的責任を取り、しかるべき対応策を講ずるべきではないだろうか。
 

A blunder

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2009年 2月19日(木)11時52分26秒
返信・引用
  なんと、前回論じた" public's knowledge"は、拙者が依拠したニューヨークタイムスの誤入力!!
"public dollars"が、正しい用語でござんした。輪読会の仲間と、知人の“ジョンブル”、ポール君にも確認して頂き申した。NYTのウエブサイト、現在は訂正されているとの由。これなら、「公金」訳はOKでしょう。それにしても“大へま”ですのー、ニューヨークタイムスともあろうものがのー。
 

オバマ演説への小言ー6

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2009年 2月16日(月)10時37分26秒
返信・引用
  前回の冒頭、「Thst」は、「That」の間違いでござる。“老いは歯にきて目にきて、Xにくる。Aging remarkably appears through bad teeth and eyes ,and something else.”、と申すが、まさに拙者にも当てはまり申す。

 演説の真ん中、「政府の責務」につて論じている、"And those of us who manage the public's knowledge will be held to account, spend wisely,reform bad habits,,,"について一言。
 朝日は、"the public knowledge"を、「公金」と訳しているが、あまりにも唐突過ぎる。原義の知見・識見が、直ぐには公金とはなりますまい。せめて、「公共の資源」どまりでは御座らんかのー?
 つまり、「公共の資源を託される者は、説明し賢明に使用し悪習を改め、、、」では?
 

オバマ演説への小言ー5

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2009年 2月 9日(月)12時05分54秒
返信・引用
   "Thst we are in the midst of crisis is well understood."から、危機についての言及となるが、“広汎且長期の暴力と憎悪との戦い”や、“強欲で無責任な結果で経済は疲弊し”、“我々のエネルギー利用のあり方は、敵を利し我らの地球を脅かす”等、内外地球規模の問題が並列提起されて、混乱してくる。
 この問題提起の構成は、!国内問題 2国際問題 3地球規模の問題に整理されて提示されるべきある。
 そして、それに立ち向かう米国は、“裸一貫で海を越え”、“低賃金・むち打ち・重労働に耐えて西部を開拓し”、そして私達のために“独立戦争のコンコードや第二次大戦のノルマ
ンデイーで戦って犠牲となった先人の意志と道程を継承することで、それらの諸問題を克服しうる、との論を展開すれば、格調も高く理解も容易であった、と私考いたしまするが、皆さんは、如何感じておられますでしょうか?
 

オバマ演説への小言ー4

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2009年 2月 8日(日)12時11分21秒
返信・引用
   前回、ミスがあり申した。「朝日は。」を、「朝日は、」に、「引き荒れる」を、「吹き荒れる」に、訂正致しまする。

 "It has been. So it must be with this generation of Americans."は、難解でござった。朝日が、「これまではそうだった。この世代の米国人も、そうあらねばならない」、としてくれたから、"It"が、「そのような状況下で米国人が前進し続けてきたのは、歴代大統領の能力と尽力だけでなく、“我ら合衆国の人民が、先人の理想と建国の精神に誠実であり続けたからだ”、を示していることに気付き申した。それにしても、この"It"には参りましたでござんす。
 それともこの"It"は、「至高,極致、天下一品」などを意味し、"You think you are it."などに使用する,「名詞」なのか、、、?オバマ君に確かめてみたいのー。
 

オバマ演説への小言ー3

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2009年 2月 5日(木)21時14分38秒
返信・引用
   この小言、読んで頂いているかなもし?
 先ず、「The words」についてでござる。 朝日は。是を「宣誓」としているが、宣誓式の“宣誓”と就任演説とは異なるはずでござんす。此れは、「歴代43人の就任演説は」、と訳すところでござんしょう。
 続いて本文は、" Yet evry so often, the oath is taken,,,"と展開される。オバマ君本人またはスピーチライターは上記の区別がついていないのでは、、、?それに朝日は、「多くは」と訳しているが、" evry so oftenn"は、" now and then =occationaly "であるから、「時には」、では、ござりませんでしょうか?皆さん如何ですかのー?
 次の本文,"gathering clouds and raging storms"は、いわゆる対句表現で秀逸である。が朝日は、「雲が集まり嵐が引き荒れる」、と訳している。「月に叢雲(むらくも)花に嵐}、とでも表現して欲しいのー。

 "
 

オバマ演説への小言幸兵衛

 投稿者:一寸昔の若い衆  投稿日:2009年 2月 1日(日)20時41分21秒
返信・引用
  オバマ君の就任演説は、型どうり「My fellow citizennz」で始まった。しかし、世界の市民が注目しているし、内容も世界の人々に語りかける部分もあるのだから、其のあと「and the people of the world」とでも、続けて欲しいものでござる。

 切り出しの一節は、「I stand here today humbled by the task before us,grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices born by our ancestors.」である。格調も高く素敵な文調である。音吐朗々と音読もしやすい。出来うれば、「身の引き締まる思い(felt tenseは、如何?」の一言を付加して欲しかった。 朝日は、"task"「職務」と平板に訳しているが、米国大統領の任務は、世界の人々に計り知れない影響を齎す重大且壮大な任務だからである。

 次に、ブッシュ前大統領への感謝が述べられる。これは、ここには馴染まない。一気に「Fortyfour Americans have now taken,,,」と流れるべきである。これは、演説最後の締めくくりに「Last but not least, I thank,,,」とすればよい。弱冠27歳のスピーチ・ライターの責任?
 

レンタル掲示板
/11