teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


早川さんおめでとう

 投稿者:山崎将人メール  投稿日:2008年 4月 8日(火)22時00分50秒
  私は、埼玉県春日部市TBG協会事務局山崎です。優勝した早川さんとは公民館で一緒に働いた仲間です。たまたまここにたどり着き、内容を拝見しているうち早川さんの名前を見つけ、すぐ投稿しました。これから時々利用させてもらいます。ありがとうございました。  
 

大会数等について

 投稿者:うな菊  投稿日:2007年 2月10日(土)08時17分41秒
   TBG協会の年次末が迫り、来る年次総会に向けた資料作りが忙しくなっている頃かと思いますが、大会数や競技方法に関して幾つか提案をさせて頂きたいと思います。
 内容等に付きましては役員会等でご検討をお願い致します。

大会数について
 県や高知市の助成がなくなり、開催される大会数も減少したままで数年が過ぎようとしています。大会に参加していても年々参加者の減少に歯止めがかかっていないように思われます。参加者の減少傾向の要因の一つに自然減が挙げられます。これらに関しては致し方のない事実でありますが、大会数が少ないというのも要因の一つかと感じます。選手権大会や地域対抗大会等の協会が主催する大会には比較的多くの参加者が集まっていることを思えば、県や高知市の冠が着かない協会が主催する大会数を2大会程度増やしては如何なものでしょうか?

競技方法について
 現在はストロークプレーによる競技方法が採られていますが、以前にあったフォアサム(ツーボール)方式やハンデキャップ方式、フォーボール方式等の大会を開催されては如何でしょうか?
 フォーサム方式は、以前にも開催された事もあり参加者は違和感を覚えることなく競技が出来るのではないでしょうか?2人1組による対抗大会という主旨から、普段活動されている地域クラブ間を超えた組合せも考えられ、大会への参加に対する意識も変わるのではないでしょうか?
 ハンデキャップ方式は以前に1度開催された記憶がありますが、ストロークプレーでは中々上位入賞が出来ない参加者にもそのチャンスが生まれるなど、経験の差異があまり影響を与えず、かつスコアによっても優勝のチャンスがあるとなれば、初心者の方も気軽に参加し易いのではないでしょうか?
 フォーボール方式は、ストロークプレーとフォーサムを併せたような競技方法であり、2人1組でのチーム戦となりますがホールスコアはチーム内のベストスコアを採用するといったものです。競技方式は通常のストロークプレーと変わりがありませんが、スコアの集計の際にベストスコアを採用することとなり、OBを打った後でも気を抜くことなくプレーを行う事も考えられ、新感覚のゲーム性があるように思います。

大会数の増加が困難な場合でも、ストロークプレーのみといったマンネリ化したゲーム性を破棄し、調整が利く範囲内で多岐の競技方法の採用を再考されては如何なものでしょうか?
 

選手権大会

 投稿者:匿名  投稿日:2006年 7月 8日(土)15時57分20秒
   選手権大会であるにも関わらず、スタート時のマナーがなっていない。
 当日は、通常通り受付後のコース練習も許可されていたにも関わらず、雨天を理由に練習をしなかったのは競技者側の理由であるのも関わらず、スタートホールへの集散後に球を打っている人が大勢いました。コース上には協会の役員の方も競技者として点在しているにも関わらず、練習の禁止を指導している方は見かけませんでした。選手権大会として冠をつけた大会であるのならば、ルールやマナーに対しても厳しく接しなければ意味がないのではないでしょうか?
 選手権大会である以上、入賞者の中でスタートホールへの集散後に球を打っている人は入賞対象者から除外するべきだと思います。(ルールやマナーが守れてこその入賞資格だと思います。)
 また、スタート時に競技者が2人となった組が2組あり、競技開始直前になって合同での競技としていましたが、受付時にはそういった欠員の情報は判っているはずなのにこういった状態となるのは如何なものでしょうか?受付は個人個人が行うようになっていたのでないでしょうか?
 役員の方々にはご苦労をお掛けしますが、今後の改善を望みます。
 

スタート方法

 投稿者:匿名  投稿日:2006年 7月 8日(土)15時40分35秒
   先日の選手権大会の時もそうでしたが、協議開始時のスタートホールへの集まりが相変わらずの状態で、一向に改善されていないように思います。
 開会式後にスタートの組合せを発表していても、同伴競技者のことばかりでスタートホールの事はほとんど気にかけていないのが実情だと思います。選手は通常、受付後にコース内にて練習を行っている方が大半であり、ホールの位置については理解しているはずなのにそれでも数人はスタートホールが判らず右往左往している状態です。選手権大会は雨天での競技のため、大会本部が通常の場所と異なっていましたが、そういった実情を差し引いてもあまりにもお粗末な状態だったと感じます。このことは、ここ数大会においても改善される傾向にはなく、スタートの組合せに対する発表方法を含め見直しをされた方が良いのではないでしょうか?
 

大会数に関して

 投稿者:匿名  投稿日:2006年 3月28日(火)15時42分21秒
   協会のHPを閲覧していて感じたことですが,年間に開催されている競技大会の数が他の競技に比べて少ないように感じました。また,協会が主催して開催している大会が3大会程度であり,大会の開催時期を見てみますともう少し協会主催の大会を開催できるのではないでしょうか?
 大会に関しましても,県や市の大会に関するものが半数以上を占めており,これらの大会は他競技に出席していれば参加が制限されてしまうため,関心を持っている方も参加し辛いことが予想されます。
 当掲示板にも投稿がなされているように幅広い年齢層の方への競技の浸透を図る上においても,競技数の増加は良い傾向だと思います。
 是非,前向きな検討をお願い致します。
 

大会の成績

 投稿者:匿名  投稿日:2006年 3月22日(水)12時57分13秒
   初めまして
 趣味で色々なスポーツに参加している者です。
 最近は高知新聞などにおいて地域スポーツの各大会に対する成績や催し案内等が数多く紹介されているのを見かけますが、ターゲットバードゴルフさんもホームページ上だけではなく新聞等の掲示欄にもその活動内容等を広報されては如何でしょうか?
 ホームページでの広報も友好的な手段だとは存知ますが、生涯スポーツの一つとして幅広い年齢層に周知させるには新聞等における広報が購読人数から言っても圧倒的な周知効果が期待出来るのではないでしょうか?
 

親善大会

 投稿者:名無しの権兵衛  投稿日:2006年 3月20日(月)16時03分41秒
   昨日は、運営役員の方々をはじめお疲れ様でした。
 昨日の大会の運営に関して一言,意見を述べさせて頂きたく投稿を致しました。
意見と申しますのは、諸事の時間割(配分)について余裕時間をもう少し考慮されてはどうかということです。
 参加申し込み要項には予定時間としての時間配分が表記されていましたが、途中の休憩を挟んだ後半の時間が大幅にずれ込んで当初の予定時間に比べれば30分以上の遅れが生じていたように思います。競技の時間を予測することは難しいことは解りますが、いつも以上に前後半の休憩時間が長かったように思います。この休憩時間によって全体の時間配分がずれたとは思いませんが,スコアの集計時間や成績表の印刷時間等もう少し余裕を持った時間割をしておいても良いのではないでしょうか?
 時間割は天候によっても左右されることと思いますが、参加要項に明記されるとその時間が一人歩きし、絶対時間のように思われる方も御出になったようでしたのでご配慮願えれば・・と思います。
 また,ハーフ終了時には毎度のことながら「スコアの提出の有無」を本部に尋ねている方や後半の競技時間を個々に問い合わせている方を良く見かけます。そこで提案ですが、ハーフ競技時にスコアの提出の有無ならびに後半のスタート予定時間を本部席前若しくは掲示板に張り出しておくというのは如何でしょうか?スコアの提出方法は朝のスタート前に口頭にて説明してもあまり聞いていらっしゃらない方々が少なくないような気が致しますが・・
 

愛好者親善大会

 投稿者:くまごろう  投稿日:2006年 3月20日(月)15時40分11秒
   風対策を講じたマットを使用したことは、1月の大会における教訓が生かされており良かったと思います。
 しかし、ストッパーの耐力が小さくハーフ(9H)競技に耐え難いものがありました。
スタート時には、ストッパーが消耗した時には本部まで取りに来てつけ替える旨の話がありましたが、実際の競技中には南側で競技していたものが競技を中止してストッパーを取り替えに本部まで行くということは問題があるように思います。
 今後,こういった方法で風対策を講じるのであれば、スタート時にボール等と一緒に一人当たり2本程度のストッパーを渡しておく等の対応を配慮されたい。
 また、競技開始前には自分のマットにストッパーを取り付けるための穴を開けている方を数名見かけましたが、これらの方が競技会において独自のストッパーを使用することも考えられます。競技会は参加者が同一のルールの下でプレーすることが原則だと思いますので、今後の競技会時にはこれらの対応を徹底して頂きたいと思います。
 役員ならびにコース設営に係わられました各位に於かれましては、大変ご苦労様でした。
 

レンタル掲示板
/1