teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


仮想モデルー4

 投稿者:心の旅路  投稿日:2016年 8月30日(火)11時39分54秒
  生きとし生けるもの: 「犬猫鳥魚」「鳥獣魚貝」が解かり易いが、漢字では「鳥獣虫魚」と言うらしい。

生きとし生けるのものには、必ず、生老病死があって、死後は、心身(頭脳内思考 & 身体)共に必ず、消滅して、この世から消え去り、無になる。 これは、例外を除いて、永遠不変の真実でしょう。

但し、人間の場合には、次の様な例外があります。
-頭脳内から生みだされた書籍、絵画、音楽、録音、情報媒体(ビデオ、画像・動画)、
  伝承(慣習、信仰、言い伝え)は、消滅しない。
-冷凍、ミイラの場合は、消滅しないが、生きていない。

しかし、この様な真実だけでは、あまりにも無味乾燥で、ロマン・夢・希望が無く、情緒・心の潤い(うるおい)に欠けますね。

そこで、乳幼児を亡くして、嘆き悲しむ若い母親に、例えば、「あの世」があって、子供はそこで成長するから、共に立派に生きて、将来、出会った時に、お互いの生きた証(あかし)を語り合いましょう、
と慰める事ができれば、母親にとっては、生きる「よすが」ともなり、活力も生じるでしょう。

この様に、「あの世」「天国」「極楽浄土」は、本質的には、人間の創造物であって、仮想の世界であります。 これとは逆に、「あの世」「天国」「極楽浄土」は、本当に存在するか否かを探索するという思考には、基本的な無理があります。

一方、理屈抜きで、「あの世」「天国」「極楽浄土」が存在する、実在すると思う→思い込む→信じる→信仰する事は、活力の源泉ともなり得て、意味のある事なので、何人も否定できません。
この様に、信じる世界へ暖簾(のれん)をくぐって入った先が宗教の世界です。
何を信じてもOKで、それが信教の自由と言われますが、先鋭化して、法律に違反する場合は、逮捕・処罰される事になります。

「世の中、神も仏も無い」ことを体験して、入った宗教の世界から、戻ってくる事も、出たり入ったりを繰り返す事も可能でしょう。 また、意志薄弱、主義主張/思想哲学に欠ける人間が、この暖簾を出入りするのが世の常だとも思われ、或る瞬間にはあの世/神仏が存在し、或る瞬間には存在しないと、変幻自由に考える事も、一つの生き方でしょう。

最近は、医師とは別に、さまよえる魂を鎮めてくれる「臨床宗教師」という資格・制度ができています。
今際の際(いまわのきわ/臨終)に直面して、死にたくないの一念で、一分一秒の延命を求めてもがき苦しむ事も「鳥獣虫魚」の常であり、医師による「緩和ケア」を受けて安静にしている事も、「臨床宗教師」の世話になってみる事も選択肢の一つでしょう。

おわり
 
 

仮想モデルー3

 投稿者:心の旅路  投稿日:2011年 4月10日(日)17時56分0秒
編集済
  身近な人間 (以下「人」と呼ぶ) が、しばしば 「昨夜は眠れなかった」と嘆いている。
私は答えて言う。 「それでは、動物 (犬、猫、鳥、魚)以下の生活だ。」
人は言う。 「人間は、動物より高等だから、いろいろ考えて眠れなくなるんだ。」
私は答えて言う。
「高等であれば、眠れる様に思考するか、文明の利器を用いて、眠れる様に対応する筈だ。」
また、「動物の様に自然に振舞える様な(無我の)境地に達していないからだ。」
人は繰り返して言う。 「とにかく、人間は考えるから、眠れなくなるのだ。」 (回答になっていない。)

それでは、どうしたら眠れる様になるか、次の様に考えてみては如何でしょうか?
思考の際に、図式化できるモデルを設定すると、その思考を明確に表現できる。

先ず、超大きな一流モダンなデパートを、想定しよう。 そしてこのデパートを、「この世」と呼ぶ事にしよう。
このデパートの床面積は、無限に広く、階数は無限に多く、最上階は無限に高い。
いたる所に階段、エスカレーター、エレベーターがあって、或る階から別の階への移動は、至極簡単にできる。
しかし、各階の部屋への出入りには、許可証が必要で、許可証が無ければ、入室できない。
人は、ある日、突然、或る部屋に出現(誕生)し、同じ階、または、別の階をいろいろ移動した後、或る部屋で突然消滅(死亡)する。

次に、「この世」デパートによく似た次の様なモダンなデパートを想定しよう。
そのデパートの床面積は、無限に広く、階数は無限に多く、最上階は無限に高い。
いたる所に階段、エスカレーター、エレベーターがあって、或る階から別の階への移動は、至極簡単にできる。
また、各階の部屋への出入りは、自由で、どこへでも出入り自由で、許可証は不要である。
ある日、突然、「この世」で消滅した人が、このデパートに転生する。
このデパートを「あの世」と呼ぶ事にしよう。 人は、「あの世」では、消滅する事が無く、「この世」で死別した人がすべて住んでいるので、逢いたい人にはいつでも再会できる。

では、「あの世」デパートはどこにあるのだろうか?
それは、「この世」デパートからは見えないが、「この世」デパートの空に浮かんでいる。
「この世」→「あの世」へ移動した人はいるが、逆に「あの世」→「この世」へ移動した人がいないので、本当に「あの世」が存在するか、だれも確かめる事ができない。
言葉を変えて言えば、「あの世」が存在すると思う人には、「あの世」が存在し、「あの世」は存在しないと思う人には、「あの世」は存在しない。 また、ある時は、「存在する」と思い、ある時は「存在しない」と思っても構わない。

ところで、「この世」に「自然階」と呼ばれている階がある事を内緒で教えてあげよう。
「自然階」では、人間が動物(犬、猫、鳥、魚)の様に自由に暮らす事ができ、良く眠れると言われている。
但し、生活も自然流で、住居は、雨風を防ぐ洞穴か、古い空き家で、衣類は、別の階の人からの援助品で、
防寒にはなるが、別の階へ着て行ける様な気に入った衣類はない。
食事は、畑でとれた作物か、別の階の人からの援助食糧しかない。
別の階での生活に行詰った人、失敗した人が、大勢移り住んでいる。(これを疎開と呼ぶ。)
この階では、助け合いが盛んで、元気になった人で、別の階へ移動した人も大勢居る。
別の階では、自殺する人が大勢いるが、この階では、自殺する人がいない。

どうでしょう。 ここまで来たら眠くなってきたでしょう。 それでは、一眠りする事にしましょう。
 

出会い系/迷惑メールの削除

 投稿者:心の旅路  投稿日:2008年 3月 7日(金)22時59分4秒
  2008年2月5日付け出会い系/迷惑メール(1件)を削除しました。
なぜこんな所まで侵入して来るのでしょう。全く無駄な事なのに。
 

出会い系/迷惑メールの削除

 投稿者:心の旅路  投稿日:2008年 1月13日(日)02時29分43秒
編集済
  出会い系/迷惑メール(3件)を削除しました。  

心の旅路 仮想モデル-II (変更-1)

 投稿者:心の旅路  投稿日:2007年11月 3日(土)10時19分15秒
編集済
  心の旅路 の 仮想モデル-II (変更-1)
(Virtual Model-II for Journey of Mind) (Rev.1)

人の「心」は、いつも目的に向かって または 平穏を求めてさまよい歩いています。
[Human mind is always wandering here and there toward his goal in life or for his calm and peaceful life.]

犯罪・自殺が増えて「日本人は精神面で行き詰まっている」 と言われる昨今の情勢であります。
この不安定な「心」のさまよえる動きに 或る仮説を設定する事によって、そのさまよいの幅を小さくする事がこのホームページの目的です。
この心の動きを「心の旅路」と呼び、その仮説を「仮想モデル」と呼びますと 表題の「心の旅路」の「仮想モデル」となります。
[ Under the circumstances that crimes and suicides are increasing in Japan, it is said that mind of Japanese people is coming to a deadlock to be overcome. The aim of this web site is to be one of the solutions for such difficulties by establishing a “Virtual Model” for the wandering roads of human mind, hereinafter called “Journey of Mind”. ]

人の 「一生」、「死」、「この世」、「心」、「魂」 とは何か? これを「仮想モデル」を設定して考えてみましょう。

1.
あなたの好きなのどかな風景を心に描いてみましょう。
小高い丘、湖、せせらぎの聞こえる山間の川、静かな公園、なんでもOKです。
その風景が、窓からガラス越しに見えています。
窓のこちら側であなたは産まれ、育ち、今 窓からその のどかな風景を見ています。
後ろを振り返ると、窓の付いたドアーが一つあります。
このドアーについては、以下の第5節を参照して下さい。

2.
さてここで、劇的な変化を考えてみましょう。
先ず、あなたの足元をみると、足元が窓の外の風景の続きになっています。
更に、横を見ると、横も窓の外の風景の続きになっています。
更に、次の瞬間、窓が消え、あなた自身も消えて、周辺はすべて窓の外の風景になっています。
そうです、この状態があなたが「死」を迎えた瞬間の情景なのです。

3.
あなたに関するすべての物が消え去ります。
あなたに関するすべての物が誰にも見えなくなり、忘れ去られます。
しかし、次の物はあなたの死後も残り、それを介して、第三者の脳にあなたの事が思い起こされます。
(1) 廃棄されないで残った 建造物/家具、広く認知された文学・芸術作品
   (書物/絵画/彫刻/陶芸品/映像/写真、等)
(2) 墓/墓石に彫りこまれたあなたの名前
(3) あなたが残した子孫(子供/孫)

4.
それでは、「一生」、「死」、「この世」、「心」、「魂」 を上記の仮想モデルを使って説明(定義)しましょう。
「この世」 あなたが死亡する以前に居た「窓」のこちら側です。
「一生」  産まれてから死亡するまで、あなたが「窓」のこちら側で過ごした生活、時間です。
「死」   上記のモデルで 「窓およびあなた自身」が消え去った瞬間の事です。
「心」   あなたが「窓」のこちら側に存在した時の「あなたの頭脳の思考」です。
          あなたの「心」の一部分は、残された物を介して遺族または第三者の脳に伝わります。

5.
後ろに有ったドアーの窓からは日頃想定していた宗教の世界が見えていました。
実は、よく見ると、下記のものから自由に選べる押しボタンが窓の下に設置されていました。

Button-A 純白の静止画面(真っ白で何も映っていない。) (Virgin white without pictures)
Button-B 仏教の極楽・浄土(あの世)   (Buddhist Paradise and Pure Land)
Button-C キリスト教の天国(あの世)   (Land of God in Christianity)
Button-D イスラム教の天国(あの世)   (Land of God in Islam)
Button-E ユダヤ教の世界(あの世)     (Land of God in Judaism)
Button-F ヒンズー教の世界(あの世)   (Land of God in Hinduism)
Button-G 神道の世界(あの世)         (World of Shintoism )
Button-H 迷信・民族信仰の世界(あの世)(World of Superstition or Racial Religion)
Button-I あなたが創作した世界(あの世)(World created by you)
Screen-J あなたの霊魂不滅、輪廻転生の世界
                                       (World of Immortal Soul and Metempsychosis)
Button-K 透明なフィルム(地球の現実の地表面が透けて見えている。)
                                       (Transparent Film, showing the earth surface behind you.)

ところで、あなたの魂(こころ)が、「死」の瞬間に後ろのドアーを通って、窓から見えていた世界に移動するか、それとも、こちら側に留まったまま消滅してしまうかは、不明なのであります。
なぜならば、誰も結果を検証してくれた方がいないからです。

そうです、素晴らしい景色に囲まれて、背後のドアーの「窓」に求める世界を自由にえがいて、生きておられるのが「あなた」なのです。 もし、この様な構図の絵画が有れば、その画家はこの「仮想モデル」の潜在的な理解者なのでしょう。

6.
別のいろいろな仮想モデルが登場すれば、「心の動き」(精神構造)が賑やかになり、「日本人の精神構造が判らない」という海外からの批判にも対応できるようになります。
[If other various virtual models come out, we can have many types of mind structures and they will serve to make self-explanatory the spiritual structure of Japanese, which is criticized from overseas countries as it is ambiguous.
7.
どなたかできる方が、上記の「仮想モデル」の図案化、漫画絵化、絵画化をして頂けると 更に「仮想モデル」の理解が容易になるでしょう。
[ If a drawing, a skeleton or a picture of the Virtual Model will be made by someone, who visits this web site, the Virtual Model of Journey of Mind will become more understandable for everyone to visit this site. ]
                          「心の旅路-II」の終わり [ End of Journey of Mind ]
 

迷惑メール

 投稿者:心の旅路  投稿日:2007年11月 3日(土)09時59分26秒
編集済
  2007年10月21日に迷惑メールの投稿が有り,削除させて頂きました。  

出会い系サイト

 投稿者:心の旅路  投稿日:2006年 7月17日(月)06時37分34秒
  2006年7月3日に出会い系サイトからの投稿が有りました。
迷惑メールと判断し、削除させて頂きました。
 

出会い系サイト

 投稿者:心の旅路  投稿日:2006年 6月 8日(木)19時18分32秒
  2006年6月7日に出会い系サイトからの投稿が有りました。
迷惑メールと判断し、削除させて頂きました。
 

出会い系サイト

 投稿者:心の旅路  投稿日:2006年 5月30日(火)05時28分34秒
  2006年5月10日に出会い系サイトからの投稿が有りました。
迷惑メールと判断し、削除させて頂きました。
 

開設通知

 投稿者:心の旅路  投稿日:2005年10月 1日(土)17時56分16秒
編集済
  「心の旅路」(英文併記)を開設しました。
「大いなるもの」(地球)、「この世」(人の一生)、「あの世」(極楽・浄土・天国)の三者間に、或る「仮想モデル」を設けて判り易い関係付けを行いました。
Established a relation among three (3) items, “Universe” like space and earth, ”This world” like human life, ”Another world” like heaven, by a “Virtual Model” which is easy to understand.
 

レンタル掲示板
/1