teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


全医体雑感

 投稿者:58卒森田  投稿日:2017年 9月19日(火)23時07分39秒
   全医体のMVPは誰になったか聞きませんでしたが、準決勝・決勝と試合の流れを変えた(止めた)のは大阪大学のGKのファインセーブでした。準決勝、信州が1-0とリードしさらに信州のエース10番が単独ドリブルでペナラインから強烈なシュートを左手一本でセーブ、こぼれ球をBKが必死のクリアで信州の追加点を防ぎ流れを止めました。決勝は1-0で大阪リードの前半終了間際、愛知のエース10番のこれもペナラインからのクリーンシュートを右手で見事にセーブしゴール上にかき出す。愛知に流れを渡さない貴重なセーブでした。
 GKの重要性を強く印象付けてくれたすばらしいプレーでした。自分もGKとしてチームに貢献できるようにまた頑張るぞと変な勇気をあたえられました。10月の県リーグカップ、龍子会60としてタイトルとりたいと思います。
 
 

全医体開催への協力の御礼

 投稿者:OB担当石木田  投稿日:2017年 9月19日(火)17時26分16秒
  昨日を持ちまして主管校として全医体の全日程が終了致しました。

今回の全医体を開催するにあたって、井関先生、森田先生を始めとするOB、OGの先生方にグラウンドの手配等、さまざまにご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

現役部員一同、まずは次の国公立大会でよい成績を報告できるよう、精進していきたいと思います。

今後ともご支援のほど、よろしくお願い致します。


 

全医体

 投稿者:58卒森田  投稿日:2017年 9月18日(月)21時17分54秒
   全医体は決勝で大阪大が愛知医大を2-0で破り優勝、全国制覇をしました。西のチームと東のチームでは特に得点を奪うという点においてわずかな違いが大きな差になっているように思いました。また、各大学ともに6年生が残り全医体を勝ちに来ている姿勢がはっきりしており、千葉も今後全医体に出るときには6年生が残り全国制覇を絶対にするんだという強い姿勢と入念な準備をして臨むべきです。ゼットエーのグラウンドで歓喜に沸く大阪大をみて半世紀近く全国で勝てていない千葉大医学部サッカー部の新たな歴史を現役に作ってほしいと思いました。  

追い出しコンパ

 投稿者:OB担当石木田  投稿日:2017年 9月18日(月)07時58分59秒
  今年度の追い出しコンパの日程が決まりましたのでお知らせいたします。

12月10日(日)

12:00~交流戦@亥鼻グラウンド

18:00~追い出しコンパ@同窓会館

の予定となっております。
よろしくお願い致します。
 

国公立大会

 投稿者:OB担当石木田  投稿日:2017年 9月18日(月)07時48分29秒
  お疲れ様です。

国公立大会の予定をお知らせいたします。

予選リーグ

vs秋田大学
@神栖市オーシャンフィールドグラウンドNO.13
10月7日(土)14:40キックオフ

vs東京大学
@同NO.13
10月8日(日)11:00キックオフ



決勝トーナメント

準決勝
@同NO.13
10月9日(月)09:00キックオフ

決勝
@同NO.13
10月9日(月)12:00キックオフ

3位決定戦
@同NO.5
10月9日(月)12:00キックオフ

となっております。
よろしくお願い致します。

 

全医体準決勝

 投稿者:58卒森田  投稿日:2017年 9月17日(日)23時02分34秒
   千葉大主管のため市原市のゼットエーで雨の中ナイターで熱い戦いが行われました。第一試合は愛知医科(西医体2位)vs日大(東医体2位)で愛知医大は時折素早いパス回しから速攻でしかけるも全体的には日大が押し気味に試合を進める。しかしシュートの精度と愛知GKのファインセーブもあり0-0、PK戦4-2で愛知医大の勝利。第二試合は信州(東医体優勝)vs大阪(西医体4位)、信州がサイド攻撃から先取点を奪い、あわや2点目のクリーンシュートを大阪GKがファインセーブでしのぐ。大阪大は足の速いフォワードが信州に圧力をかけ前半終了間際同点に追いつく。後半信州のPKがポストをたたき大阪は速攻から中央を崩して逆転、2-1で大阪が勝ちました。
 これで昨年に続いて全医体は西同士の決勝となります。今年も含めて4年連続、西の全医体制覇となり東医体のレベルが問われると思います。医学生全国一のタイトルをかけた明日の試合、千葉で行われているので一人でも多くの現役部員、OBOGに見てもらい、これからの千葉医サッカーに生かしてもらいたいと思います。決勝はゼットエーで14時キックオフです。
 

現役全医体

 投稿者:58卒森田  投稿日:2017年 9月16日(土)22時36分50秒
   東医体準優勝の日大との試合は小雨の中で行われました。チームとして完成度を上げてきた日大に対して千葉は前半から攻め込まれる場面が多く、ほとんど攻めることができない。集中した守りと相手のシュートミスもあり前半0-0で折り返す。後半、やや日大の運動量が落ちるも千葉は連携した攻めができずシュートを打つのがやっと、日大は時折千葉のゴールに迫るもGKのセーブとバックスの粘り強い守りで失点を許さず、結局0-0でPK戦へ。千葉は2人が相手GKに止められ敗退となりました。
 ここ何年か千葉の戦いを見ていますが、これだけ攻めることができない、攻撃が連動しない試合は記憶にありません。東医体準決勝から得点がまったくとれていない、強いチームから得点できない、チームとしてむつかしい状態になっていると思います。
 まずは今回の全医体の主管をしっかりと最後まで行い、全医体ベスト4の試合をみんなでしっかりと目に焼き付け、強いチームになっていってほしいと思います。新チームとして厳しい船出となっていることは現役みんなが感じていると思います。今まで通りの練習や試合では強いチームには勝てない。現役のこれからの頑張りに期待したいと思います。
 明日はゼットエーで日大vs愛知医大、信州vs大阪大の試合をしっかりと見たいと思います。
 

全医体0回戦

 投稿者:OB担当石木田  投稿日:2017年 9月16日(土)22時31分26秒
  本日行われました全医体0回戦vs日本大学の結果を報告させていただきます。

全医体0回戦
vs日本大学

前半 0-0
後半 0-0
PK戦 2-4


雨が降る中、夜7時キックオフという慣れない環境のなか迎えた全医体0回戦。
前半開始から雨に濡れた人工芝でボールが走り、両チームのFWが裏に抜け出してチャンスを作るといったオープンな展開が続きます。先制点が欲しかった千葉大ですが、相手の速いプレスに苦しみ、なかなか決定機を作り出すことが出来ません。
後半に入り、セットプレーからの#10仲のヘディングシュートがゴール上をかすめるといった惜しい場面もありましたが、決めきることが出来ません。反対に相手FWの収めから決定的なシュートチャンスを作られてしまう場面もありましたが、#1鈴木がスーパーセーブで防ぎます。

0対0で迎えたPK戦では千葉大2人が相手キーパーに止められ、相手のPKは一本も止めることができず、結果として2-4で敗戦となりました。

シーズン始まって初めての公式戦で勝利を納めることが出来ず、自分達の力不足、特に得点力不足を知る大会となりました。
今回の試合で出た課題を一つ一つ解決し、まずは国公立大会で良い成績を残すことを目標にさらに頑張っていきたいと思います。

応援に来てくださったOBの先生方、OGの方々、ご父兄の方々、お忙しい中本当にありがとうございました。
これからもご支援の方、よろしくお願い致します。
 

全医体への想い

 投稿者:58卒森田  投稿日:2017年 9月13日(水)23時34分7秒
   いよいよ千葉で開催される全医体が近づいてきました。私たちの時代は東4チーム、西4チーム(主管がある場合は3チーム)があつまり選ばれた者たちの意識の高い試合が行われていました。1年生の時は3位にならないと全医体に行けないと先輩たちの異様な雰囲気を感じながら準決勝敗退翌日の3位決定戦に出させてもらい自治医大を粉砕。神様のような6年生に全医体をプレゼントできた達成感がありました。しかし臨んだ全医体は京都大学にPK戦で敗れ一回戦敗退でした。3年生の時に東医体優勝し全国制覇をと臨んだ全医体は一回戦で東がすべて勝ち準決勝で相手エースにFKを直接決められ東医体で勝った弘前に痛恨の敗戦。6年生は準優勝で西に乗り込み、定期戦を行っている広島と対戦し相手CKを決められ0-1と敗退、同期の星岡とともに現役時代の最終戦となりました。現役時代、全医体は憧れであり、しかし勝てませんでした。時を越えて全医体の常連となった千葉大医学部サッカー部の後輩たちに敬意を表するとともに是非、全医体制覇をしてもらいたいと思います。チーム一丸となって初戦から力の限り戦ってください。期待しています。  

練習試合結果

 投稿者:OB担当石木田  投稿日:2017年 9月13日(水)18時23分22秒
  今週行われた練習試合vs埼玉医科の結果を報告させていただきます。

1本目 2-0 六田(季)、季(六田)

2本目 4-0 季、仲(山口)、六田(石川)、
     石川(六田)

3本目 3-0 黒川×2、石川

4本目 2-0 石木田(橋本)、橋本


合計 11-0

攻撃陣は今シーズンのテーマであるカウンターからのチャンスをしっかりと決めきることができた試合でした。
また、守備面ではしっかりと4本を通して失点を0で押さえることができたという点で、良い試合運びができていたと思います。

今週末の全医体にむけてさらに精進していきたいと考えています。
よろしくお願い致します。
 

レンタル掲示板
/124