teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


re 浮雲さん

 投稿者:マックロダ  投稿日:2018年 1月18日(木)17時16分32秒
返信・引用
  低値安定良かったです。統計的には安定していても不安なのが当事者なのですね。医師や素人の関係者からお墨付きをもらっても不安なのが現実ですね。私は近藤理論を99、9%信じて心のよりどころにしています。しかしいずれにしてもそう遠くない時期にお迎えが来るのは間違いない。ガンにとらわれて普通の死を受け止める時期に慌てふためかないよう覚悟しなければと。
 ところで、野球の話ですが「殿堂入り」「名球会いり」とか、いずれもどんな根拠、基準で決めたのでしょうね。あまりにも殿堂入りの安売りや、根拠のない「俺たち名球会に入れたろ」。アマチュアで本当に苦労された方を少ないですが知っているだけに「殿堂」の重みと裏でいろいろ暗躍する黒いうわさはヘキヘキしますが、どの世界でもと、メールする奴がおかしいのでしょうね。
 
 

p s a 0.01

 投稿者:浮雲  投稿日:2018年 1月18日(木)07時49分31秒
返信・引用 編集済
  みなさん おはようございます。

今年の大寒は1月20日(土)です。
冬至から本日まで札幌は荒天が多かったのですが、その割に雪も少なく、厳寒とはなっていません。
暖冬ですね。
昨日は3ケ月毎検診に行ってきました。
PSAは0.01以下でした。
とても幸せです。

陽子線治療も健康保険適用になるそうです。

お経の暗記も般若心経と修証義の総序は100%完了しました。
次の懺悔滅罪に入りました。
マー、真夏の72歳の誕生日までには、なんとかです。

サイモントン療法は希望をもって治療を受ける場合と、絶望感にいる患者の間には、回復に差があるということなんですね。
なるほどです。
マックロダさんはその辺の高齢者と違って勉強家なんですね。
 

re 浮雲さん

 投稿者:マックロダ  投稿日:2018年 1月 8日(月)21時17分1秒
返信・引用
  延命というのは浮雲さんのおっしゃる通りですね。心理療法で有名なカール、サイモントンは「諦めない気持ちと、何時でも死ねるという覚悟」がガンと付き合うときには必要と言っているようです。「諦観」という意味なのでしょうか。先日以前に紹介した医師に「見えない世界の科学が医療を変える」という長堀優医師の本を紹介され読んでいるところですが量子論の説く世界観を中心に現代科学が現代医療の考えたかを変えつつあるのではという素人なりの印象です。  

無常たちまちにいたるとき

 投稿者:浮雲  投稿日:2018年 1月 8日(月)17時40分2秒
返信・引用 編集済
  みなさん こんばんは。

マックロダさん、延命には大きく分けて二通りあるのではないでしょうか。
一つは万が一の期待を込めて、積極的に治療をするということだと思います。
抗がん剤、新薬等がそうです。
もうひとつは、将来展望が見込めないのに、現状維持で延命するということです。
胃ろうとか、人口呼吸器が該当すると思います。
本人には意識がないのに、ただ人工的に生かされることができます。

延命はいらないと言えるような、充実した人生の閉じ方をしたいものです。

死は順番に訪れるわけではなく、生まれたばかりで死ぬこともあるし、20歳の成人式の日に死ぬ場合もあります。
確率的には当然ながら老人の方から死んでいきますけどね。
たいていの場合は「死にたくない」、「死ぬのは怖い」と思って死んでいくのでしょう。
明日は我が身です。
 

re 浮雲さん

 投稿者:マックロダ  投稿日:2018年 1月 6日(土)22時01分10秒
返信・引用
  「死ぬ瞬間までは大切な時間であり、苦しみの中に安らぎを、、、、」私も願っています。これは抗がん剤で延命するしないにかかわらない課題のように思えますし死を受け入れる準備のようにも思えます。先日以前の職場にいた女性、といってももうオバサンですが父親が88歳でなくなったのですが10日程度前までは元気だったようで延命措置をしようとしたらいらないと手を振ったとのこと。この父親は医師であったためかもしれませんが、このような死に方をまねしたいものです。その心境になるまでに「もうすこし時間が欲しい」が本音です。老人施設の現状を聞くとその役割の99%は介護が占めますが、分母には入所者一人ひとりが「死をどう受け入れるか」の支援が大きな施設の役割を占めているのではないか、頭の中だけですが確信しています。ホリスティク医学というのはこれに立ち向かうものではないかと、そんな気がしています。中身がないのに偉そうな、と怒られそうです。  

生きる

 投稿者:浮雲  投稿日:2018年 1月 6日(土)21時03分51秒
返信・引用
  みなさん こんばんは。

マックロダさん 言葉たらずですみません。

「落ちます」とは書き込みを途中でやめてシャットダウンして雪かきに行きますということです。
どこでも同様の現象が起きていると思いますが、我が家の隣人も老齢化が進んでいる家庭が多く、大量に雪が降ると除雪もままなりません。
それで私の除雪機で4軒分の除雪をしています。
雪捨て場も少ないので1時間はかかってしまいます。
それから急いで身支度をして出勤します。

生きる努力ですが、私も余命を宣言される立場になってみないとわかりませんが、たとえ3ケ月の時間がもらえるのであれば、貴重な時間だと思います。
我々が生きているということはどういうことか、死とはどういうことかを見極めることは、高齢になっている我々に与えられている人生の宿題だと思います。

生あるものが死ぬときは、大変に苦しいものです。
ころりと死ねる人は、まれだと思います。
しかし、死ぬ時も苦しいけど、人生そのものも苦しみの中に生きてきたようなものだと思います。
ですから、死ぬ瞬間までは大切な人生で在り、苦しみの中に安らぎを得られるのかなと想像したりしています。
大先輩のマックロダさんへ、生意気に書き込みをしてすみません。




 

抗がん剤

 投稿者:マックロダ  投稿日:2018年 1月 4日(木)16時39分13秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。医療を離れたメールのやり取りが良いことなのかどうか気になりますが、これからもよろしくお願いします。ところで浮雲さんの先日のメールですが最後の「落ちちます」の意味を教えてください。また。その前のメールの最後の「症状が好転する可能性があるのなら生きる努力をしなければならないでしょうね」は一人称なのか二人称なのか。また好転の意味は幅広いものと思いますが,たとえ3ケ月でも延命することが好転の意味の中に含まれるのでしょうか。よろしくお願いします。  

除雪

 投稿者:浮雲  投稿日:2018年 1月 4日(木)06時12分21秒
返信・引用
  みなさん おはようございます。
本日は仕事始めです。

家内から除雪機を出してほしいとの命令がくだりました。
落ちます。
 

謹賀新年

 投稿者:浮雲  投稿日:2018年 1月 1日(月)20時07分29秒
返信・引用
  皆さま あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2月になりますと放射線治療から満2年になります。
照射を受けた細胞はただちに死滅する訳ではなく、2年くらいで絶滅すると聞きました。
副作用もその頃がピークになるのかなと想定しています。

私はIMRTでしたが、決定的なものはありませんが、副作用はいろいろありますね。
ネットの掲示板で放射線治療は「夢の治療」のごとく主張しているものも見えけられます。
しかし、実態はケースバイケースですね。
そもそも放射線では正常細胞も被ばくしているはずですから、膀胱、直腸で障害がまったくないなんてありえないと思います。

前立腺がんは不幸中の幸いで、各種の治療方法があります。
メリット、デメリットを知り、その対策を考慮して治療方法を選択すべきでしょうね。

マックロダさん、タキソテールの副作用は厳しいものがあり、目の前でみてきました。
私が全摘出手術で入院していたとき、病室は6人部屋でした。
最初気が付かなかったのですが、5人の方はタキソテールの治療を受けていました。
副作用で気持ちが悪くなって食事もできず、病院食をあきらめて売店から好きなものを買って時間に関係なく、なんとか食べていました。
白血球が激減して集中治療室に入ったり、吐き気に苦しんでいるのをみると、恐ろしくなりました。
タキソテールは寿命を縮めているのも事実でしょう。
しかし、症状が好転する可能性があるのなら、生きる努力をしなければならないでしょうね。

にっくきガン細胞。

我が家の年代ものの除雪機
 

再発と抗がん剤

 投稿者:マックロダ  投稿日:2017年12月23日(土)08時05分16秒
返信・引用
  昨日はくだらないメール済みませんでした。その日の夕方本屋に行きましたが近藤誠の「ガン治療の95%は間違い」という冊子を見つけて読みました。その中で「抗がん剤は直す効果はなく寿命を縮めるだけです。前立腺癌に使われる抗がん剤はドセタキセルといって正真正銘の毒薬です。作家の渡辺淳一さんや将棋名人になった米長邦夫さんはpsaが高値で発見されたガンで転移もなかったのに、アレッと思ったら亡くなっていました。直前に抗がん剤治療を受けていたから、それが原因でしょう」という内容です。先般西郷輝彦という歌手が7年たって再発したという記事を見ました。詳しい内容がほからないのですが、他人ごとではない感じで、この抗がん剤への所見が気になりました。  

レンタル掲示板
/159