teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


バロック音楽はなぜ癒すのか?

 投稿者:かみやんメール  投稿日:2010年 8月 9日(月)00時12分14秒
  竹下節子著 音楽の友社2003年11月出版の 本のタイトルです。
副題として「現代によみがえる心身音楽」とあります。
図書館で借りて読みました。なかなか興味深い内容でした。
竹下節子さんはフランス在住の
比較文化論の専門家 特に フランス・バロックを専門とし、
ギタリストで トリオ ニテシス のメンバー。
2003年当時 トリオの来日コンサートがあり、時を同じくして出版されたという本です。

私は今までこの本の存在・著者自身のことを全く知りませんでしたが、私の感じている、走りとギター(特にバッハの組曲)の良い関係、さらには芸術とスポーツと科学が一つのものに集約されていくように感じていることについて、実にいろいろなことを示唆してくれました。
私の一方的な理解ですが、直感的には次のように感じました。
バロック以前はレオナルド・ダ・ピンチがそうだったように、芸術と科学は一体だった。宇宙のエネルギーの振動(宗教的には神?・人智では計り知れない力)と調和することにより、美しさを感じ、体の気持ちよさが生まれ、それを解明することがおそらく科学だった。バロックダンスは、首・胸・腰の位置関係のバランスを取りながら、音楽にあわせて体を動かしていく。それは振動(エネルギー)の調和を感じやすい状態にしていることで、バロック音楽はその作用を助けようと、より心地よいように体が動くように作られている。
走りでは一定のリズムで体を動かし移動させていく中で、宇宙のエネルギーを感じやすくしている。特に自然の中を走るトレイルランはその傾向、宇宙エネルギーとの調和・交信を助けているのではないか。走りながらバロック音楽を心に置くと、その心地よさが一層強く感じられる。そしてこれが複数のメンバー、多くの人との一体感が生まれると、壮大な喜びとなる。(言い過ぎか?) 今の季節なら、盆踊りが共通点をもっているように思います。おおぜいで踊り歩く、阿波踊り、越中おわら、自分は経験がありませんが、実際に体験した場合の高揚感は容易に想像できます。
もう少し涼しくなって、野山を気持ちよく走りたいものです。バロックをイメージしながら。
 
 

8台のチェロによるシャコンヌ

 投稿者:かみやん  投稿日:2010年 6月 9日(水)04時51分38秒
  N響チェリスト8人によるコンサートが、6月13日の夕方、茅ヶ崎市民文化会館で開かれ、8人全員によるバッハ、シャコンヌが演奏曲目にあげられている。他にもヴィラロボスのブラジル風バッハを8人で。こちらは作曲者指定による楽器編成のようだ。
シャコンヌのチェロによる響きに浸ってみたい。、ソロではなく合奏?でのプロの音楽家達のシャコンヌの解釈、とても興味がある。いろいろやることがあったり、いろいろな行事とぶつかっているけれど、何とか聴きに行きたいと思っています。
 

雨の皇居ラン

 投稿者:かみやん  投稿日:2010年 5月23日(日)22時59分29秒
  本日 雨の中でしたが 皇居を走りギターを楽しむ会 無事に終えることができました。
走りから参加の皆さま、声援を送っていただいた皆様 作品を持ち寄って頂いたランナーの皆さん ありがとうございました。
私は皇居一周で切り上げましたが、川俣先生はじめ走りなれた人達は2周走り、ランステでシャワーを浴びて アンダンテに向かいました。雨の中を走ってまで・・何がそうさせるのでしょう?  でもギターの響きは雨の湿気にも負けず、気持ちよく響いていました。
 

アンダンテ

 投稿者:かみやん  投稿日:2010年 5月15日(土)16時42分44秒
  ぶーたんさん 暫くぶりに皆さんにお会いしました。ぶーたんさんのバッハはとても丁寧でかつ深みのある素晴らしい演奏でした。皆さんの演奏も弾き込みが十分で聴きごたえがありました。 女性4人の6月13日のコンサート、近江楽堂のイベントカレンダーでも確認しました。ソロと重奏、華やかな舞台ですね。応援します。
私も先日のアンダンテではチラシを配って案内したいと思いながら、準備不足でままなりませんでした。 さきほど ホームページのイベント欄更新しましたが、来週の日曜日、同じくアンダンテでギターを弾きます。メインは走るギタリスト川俣明先生のコンサートですが、演奏前に 皆で皇居走をします。 プロ演奏の前にアマチュア枠あり。走らない人は途中からでも参加歓迎です。
ちなみに私の演奏曲目 長いですが書いておきます。
「また走りはじめようという市民ランナーのスピードによるプレリュード くれぐれも転ばぬように (バッハBWV1006から)」 と 「同世代友人の結婚話を聞いて弾きたくなった 愛の賛歌」
 

先日のアンダンテ

 投稿者:ぶーたん  投稿日:2010年 5月13日(木)22時34分41秒
  久しぶりにお会い出来、また素晴らしい演奏を聴かせて頂きうれしかったです。

その時にチラシをお渡し出来なかったのですが、6月に女性4人でコンサートをします。
そのチラシをメール添付で送らせて頂こうと思ったのですが、メルアドがわかりませんでしたので、この掲示板に書かせて頂きました。
ミクシィでlamyさんがコンサートのご案内を日記に載せていますので、そちらをみて頂けるとうれしいです。
そして、もしお時間がおありでしたら、ぜひいらしてくださいませ。

またいつか、かみやんさんのバッハを聴かせて頂くのを楽しみにしています。
 

皇居走りとクラシックギターを弾いて聴く会

 投稿者:かみやん  投稿日:2010年 4月18日(日)07時53分59秒
  久しぶりの走りとギターの会の企画です。
仕事が忙しかったり家庭の事情もあったりでなかなか動けませんでしたが、
走るプロギタリストの川俣明先生の神田アンダンテでのコンサートに合わせて、
皇居を走ってから銭湯で汗を流して コンサートを楽しむ会を下記のように行います。
走って弾く人、走って聴く人、走るだけの人、聴くだけの人 どうぞご参集ください。

川俣先生のコンサートのみ参加予定の方は、もちろんアンダンテさんに予約を入れるわけですが、川俣先生も一緒に走りますので、どうぞ前段からのご来場をお待ちします。
走ったことのない方は 五月のそよ風の中のウォーキングということで如何でしょう?


5月23日(日) 13:00集合
     ~15:00 着替えとストレッチと皇居走(ウォーキングも可)
     ~16:00  移動・銭湯タイム
     16:00~16:45  アマチュア演奏タイム
     17:00~ 川俣明 コンサート
     コンサート終了後 宴会タイム
近く集合場所を確定します。
 プログラム・イベント詳細は ホームページのイベント案内で更新していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

あざみの歌

 投稿者:かみやん  投稿日:2010年 4月18日(日)00時34分26秒
  即興詩人さま 書き込みありがとうございます。最近は自分のホームページと掲示板にご無沙汰状態でして返信がおそくなり失礼しました。 八洲秀章のヒットでこのサイトまで繋がるとは驚きですが、大変うれしく思いました。 あざみの歌は私より少し前の世代の歌と思いますが、高校・大学とも山岳部で歌いつがれていた曲で、山でよく歌いました。 八洲秀章は近くの小学校・中学校の校歌も作曲していて親しみがあります。 さくら会の唄、山の煙も好きな歌です。いつかギターで弾いてみたいと思います。  

感服しました。

 投稿者:即興詩人メール  投稿日:2010年 4月 9日(金)13時56分23秒
  走るギタリストさま。はじめまして。私は八洲秀章を研究しているので、八洲秀章のキーワードでヒットして、このサイトに到達しました。「愛のロマンス」を聴かせていただき素晴らしい演奏に感銘を受けました。これを機会によろしくお願いします。今年は八洲秀章没後25周年なので、八洲秀章を偲ぶ会を鎌倉芸術館大ホールで行います。11月5日(金)です。「あざみの歌」の前奏はギターにぴったりとおっしゃる走るギタリストさんと、これからお付き合い願えれば幸いです。  

しばらくぶりに曲をアップしました。

 投稿者:かみやん  投稿日:2009年11月29日(日)23時53分26秒
  ブラジルから11月初旬に帰国してから、しばらくホームページに手がつけられませんでしたが、本日一曲アップしてホームページ更新しました。バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ3番からロンド風ガポット。リュート組曲4番でもあります。 なんとか暗譜できる程度まで弾けてきました。弾き込むのはこれからですが、時間がどれだけ確保できるかが課題です。  

ブラジルから

 投稿者:かみやん  投稿日:2009年10月25日(日)06時44分54秒
  数日前に首都ブラジリア、今は中央部の大都市ベロホリゾンテ、そして明日はリオデジャネイロに出ます。都会の大きなホテルに泊まり、日本から持ち込んだノートパソコンがやっとインターネットに繋がりました。
朝と夕方の短時間ですが、毎日何らかの形で走っています。ブラジリアでは大きな公園があり、マラソンとサイクリング用に周回コースが設定されていました。大きく一周すると約10キロ。沢山のジョガーがランを楽しんでいます。ベロホリゾンテでも都会の中心部に小さな規模ですが美しい公園が幾つか有り、沢山のランニング姿が見られます。ウォーキングもかなり見かけます。リオでは治安上、外出は極力避けた方が良いかもしれません。 長く滞在した東北部の田舎町でも機会を見つけて走っていました。舗装道路で無いところ、舗装道路でも路側帯はブラジル特有の赤土です。田舎町を離れる時にシューズを洗いましたが、大都市の街中や公園では靴がよごれることも無く、快適に走れます。
昨日からホテルのテレビで日本語放送(NHK衛星)が見られることがわかり、久しぶりに日本語のテレビを見ています。やはり日本語いいですね。
インフルエンザが日本で結構流行っていることを知りました。
みなさんもお体ご自愛下さい。
 

レンタル掲示板
/33