teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


コンサート・ライブ・イベント告知

 投稿者:神谷光昭  投稿日:2013年 5月11日(土)06時33分19秒
  これからの予定です。

マイホームページのこれからのイベントの欄に詳細アップしようとしているのですが、春から夏にかけてギター関係で参加予定のコンサート、イベントが続きます。昨年の秋に会社を定年退職して、その後同じ会社で嘱託として働いてはいますが、定年後の1年、還暦の年、9月末までは好きなことをやらせて欲しい という心境で、演奏機会を断らずに入れてしまいました。また以前から温めていた主催イベントも含まれます。

 5月18日夕 春のギター演奏会(埼玉 志木ふれあいプラザ) ギターソロ
 6月1日昼 ライブコンサート 千葉稲毛海岸マムライス 前半のアマチュア枠でギターソロ
 6月29日夕 室内楽コンサート 二俣川サンハート フルート、リコーダーとのデュオ
 7月10日夜 シャコンヌの夕べ 銀座伽藍バー イベント企画
 7月20日午後 LDCGC演奏会 横浜大倉山記念館 前半のギターソロ
 8月25日  ライブコンサート(企画中 千葉 )
これらの間に人前演奏の練習会としてmixiプチ発表会、千葉ソロギターサークルの練習会かあります。

音楽演奏は人に聴いて頂くくことで初めて意味を持ち、音楽が育っていくように思います。そのために練習を重ねていくのだと。人前での演奏機会を与えて頂いたことに感謝して精進したいと思います。そして自分でもそういう機会、人の演奏を聴き、交流が生まれ深まるような機会を作る側にも関わっていきたいと思うこの頃です。お時間がありましたら是非お出かけください。
 
 

再び 無伴奏組曲チェロ三番 そしてシャコンヌ

 投稿者:神谷光昭  投稿日:2013年 5月 3日(金)09時27分52秒
  再び 無伴奏組曲チェロ三番に取り組んでいます。プレリュードをやや早めに弾くと、繰り返しを入れなけれは全曲が15分に収まることに気付きました。15分の演奏機会は結構あるのです。
別の新しい曲を練習する前に、指ならしを兼ねて通しで弾くと、その日の調子が分かります。
この組曲のプレリュードはゆったりとうとうと弾くのが好きでしたが、スムーズに弾けるなら速めの演奏もまた良いです。本来速く弾くのが正しいと言う人もいるようです。他の舞曲と違って自由な速さでよいはずですが。
ブーレの1と2の後に続けてジーグに入るか、やはりブーレ1に戻ってからジーグに移るかが悩みところです。
この曲を全曲演奏に取り組むきっかけになったのはLECGC(クラシックギターコンサートを楽しむ会 増渕先生主催)の演奏機会に恵まれたことでした。2005年2月の大倉山でのコンサートで、この時の曲目紹介が私のホームページのプロローグになっています。プレリュードとクーラント、ブーレは学生時代の定期演奏会に向けて弾き込んだことがありましたが、他の舞曲は半年くらい前から練習に取りかかったと記憶しています。その前の年、2004年9月の埼玉ギターコンクールで三番のプレリュードとクーラントを弾いて思いがけず2位入賞を頂いたのが拍車をかけました。やはり、全曲弾こうとする場合の最初の曲としてのプレリュードの姿があるはずだと思ったのだと思います。大倉山の直前に練習を兼ねて、クラスタのショートライブで全曲を弾かせてもらいました。繰返しを入れてゆったりと弾くと30分弱かかります。アマチュアがそれだけの時間演奏する機会というのは、自分から作っていかなければなかなかありません。その後、京都のバッハプロジェクト(中西さん主催)に参加して繰返しを入れて演奏させて頂きました。まだ新しい記憶です。今回5月6日の午前中 瀬谷公会堂で行われるMIXIのプチ発表会で15分の機会をもらいましたので三番を繰り替えし無しで演奏します。
嬉しいことに、このたび7月20日のLECGC大倉山演奏会前半の演奏機会を再度頂きました。ありがたいことです。これには無伴奏ヴァイオリンパルティータ二番の全曲を準備したいと思っています。何回かシャコンヌの演奏機会はありましたが、組曲としての最終曲のシャコンヌを 追い求めたいと思います。どこまで弾き込みできるか、仕事と家庭との兼ね合い、練習中の他の曲とのがありますが、できるだけのベストを尽くしたいと思います。
 

Re:無伴奏とバッハ

 投稿者:神谷光昭  投稿日:2013年 3月24日(日)00時14分40秒
  マンナンパパ様
書き込みありがとうございます。電力ホールのジョンウィリアムスのコンサート覚えています。仙台駅近くのギター専門店ツタヤだったと思います。高級ギターがあったんですね! 私は貧乏学生だったものですから目に入らなかったんだと思います。電力ホール近くの小さなビルの地下に無伴奏は長細くありました。
さて、私のギターのバッハの編曲、チェロ1番プレリュードと3番の一部が特殊かもしれません。そのほかは、現在出版されている楽譜とほぼ同じです。 全音の阿倍先生編 佐々木先生編 シャコンヌのセゴビア編などです。特殊なものは学生時代からのもので、良いものかどうかは分かりません。当時は低音をいかにつけるかが一つの課題だったように思います。
楽譜良い状態のものはないですが、PDFにして送ることはできます。別途メールを頂ければと思います。 jba03057○nifty.com  ○は@です。
 

無伴奏とバッハ

 投稿者:マンナンパパ  投稿日:2013年 3月22日(金)17時42分1秒
  青森市に在住の55歳のギターファンです。私は大学は仙台ではありませんが、伯父さんが仙台に居たので良く遊びに行き、無伴奏に行きました。仙台の若生先生が知り合いでしたので、ギターの合宿にも弟と参加いたしました。もう40年近くなります。当時の仙台駅の隣に長屋みたいな建物あり、そこにギターの専門店あり、確かアグアドが70万でラミレスが30万位で。河野が5万とか10万の時代でした。懐かしいです。無伴奏は確か細長いお店ではなかったでしょうか。さてもし宜しかったらギターで弾かれているバッハの編曲の楽譜欲しくて投稿いたしました。私は貴方ほどではないのですが、バッハが好きでタマリマセン・宜しくお願いします。仙台と言えば確か1972年か71年に電力ホールできいたジョンウィリアムスには感動いたしました。腰ぬかすほど凄かったの覚えてます。弟と二人で特急はつかりに乗り4時間かけていきました確か中2年か3年でした。  

久しぶりのマラソン大会

 投稿者:神谷光昭  投稿日:2013年 1月22日(火)22時41分24秒
  遅ればせながら あけまして おめでとうございます。
20日の千葉マリン ハーフマラソンを走りました。毎年会社のジョギングクラブで参加しています。最近のマラソン大会はエントリーのタイミングを逃すと参加できません。昨年はハーフが既に締め切られていて、10キロに参加しました。昨年は冷たいみぞれのような天候でしたが、今年は気持ち良い好天でした。やはり走るのは気持ちいいです。しばらく大会から遠ざかっていましたが、走りは続けたいものです。タイムは1時間58分。毎日走るようになればまだタイムは戻るでしょう。今年はフルにも参加したいと思いました。
 

年の瀬の押し迫りたるこの寒さ

 投稿者:神谷光昭  投稿日:2012年12月29日(土)16時42分24秒
  あっという間に今年もあと3日です。
この一年、沢山の方々にお世話になり、
おかげさまで新しい年を迎えることができます。
ありがとうございました。
そして来る年が良い年でありますように祈ります。
今までは冬でもコートを着ずに過ごし、寒かったら走って体を温めていましたが、
このところ寒さを感じてしまいます。年をとったかな?
冷たい風を頬に受けると、遠き日に白い山々に登った記憶が蘇ります。
いつかまた 頂きを目指したい。そんな思いはまだ心にあります。
その日のためにも 今日も走りたく。

 

秋の虫たちと

 投稿者:かみやん  投稿日:2012年 9月 7日(金)03時10分2秒
  千葉に単身赴任中で、しかも土日にも仕事がある時が多くて、なかなか横浜で時間が取れません。千葉では部屋で音が出せないので、時々夜の公園にギターを弾きに出かけます。最近は天気が不安定ですが、一昨日は気持ちよく晴れました。スポーツ公園の石のベンチに腰掛けて、月を仰ぎながら、チェロ組曲3番の全曲とシャコンヌを気持ちよく弾くことができました。虫の声との合奏!?  夜空を見ながら弾けるのは、暗譜していることのありがたみの一つ、シャコンヌはやはりいいです。バッハは飽きませんね。
最近ポピュラーミュージックにも関心があります。ジャズ、ボサノバ、映画音楽、ラヂヲ歌謡、ミュージカル・・。いろいろなジャンルの音楽に親しみたい、弾けるようになれたらと、楽譜をあさっています。
 

シャコンヌ単独でセゴビア

 投稿者:渡辺潔  投稿日:2012年 9月 5日(水)15時39分23秒
  コレクションの中から、シャコンヌのLPレコードとSPレコードを棚卸してみました。
SPは1セットのみ/無伴奏奏鳴曲ニ短調 アドルフ・ブッシュ 1891~1951ドイツ系最後の巨匠(ビクトローラ社)。LPは2セット/無伴奏奏鳴曲ニ短調 ジョルジュ・エネスコ 1881~1955ルーマニア生まれでピアノのリパッティーとバイオリンのグルミオの師匠(コンチネンタルレコード社)。無伴奏奏鳴曲ニ短調 アルテュール・グルミオ 1921~1986(フィリップス社)。そして、シャコンヌ単独でセゴビア 1893~1987(MCA日本版とDECCA日本版)が同じ録音音源で1枚ずつですが、デッカのほうが良い音です。
10月は体が空かなくなりましたので、大倉山の勉強会には出席できなくなりました。また、お会いしたいです。 
 

渡辺様 ありがとうございます

 投稿者:神谷光昭  投稿日:2012年 8月23日(木)01時03分46秒
  渡辺潔様 コメントありがとうございました。レスが遅くて失礼しました。
またもったいないコメントを頂き恐縮です。
シェリングの無伴奏6曲のLPは、カザルスのチェロ6曲のLPとともに我が家に眠っています。
両方とも30数年前の初給料で手にしたものでした。
お言葉に甘えて、いつかCDとは比べ物にならないほどの音の響きに身をゆだねたいと思っています。
その時は どうぞよろしくです。
今のホームページの表紙写真のセゴビアの人形を作られた方にも、セゴビアに対する限りない深い愛情を感じてしまうのでした。
 

シャコンヌ好かったです

 投稿者:渡辺潔  投稿日:2012年 8月20日(月)14時31分54秒
  昨日の演奏、好かったです。1000回を目指すとは!!1曲を徹底的に弾き込むことは、その曲に対しての憧れと敬意がどれほどのものであるか・・・。少ない貴重な時間をその練習にに捧げておられること。まだまだ、新しい発見があり、上達の余地が無限にあるわけですね。拙宅の在庫でシャコンヌは、アンドレス・セゴビアのLP、ジョルジュ・エネスコのLP、アルテュール・グルミオのLP、そしてアドルフ・ブッシュのSPが確認できました。シェリングは売却処分済みでした。近日に、拙宅に遊びにおいでください。楽しみにしております。  

レンタル掲示板
/33