teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


三瓶の植物

 投稿者:情報や  投稿日:2017年 2月25日(土)20時38分13秒
返信・引用
  雪もだいぶ溶けましたので小川に出かけてみました。
川の流れの中で植物がそよいでいましたので撮影しました。いまいちですがヒルムシロみたいです。
この仲間はよく似た種類が多いようで、正確な名は、現時点では分かりません。
一応、ヒルムシロとしておきますが、調べますのでご容赦を。
 
 

Re: 畑穴中草植え

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月25日(土)13時07分34秒
返信・引用
  > No.4282[元記事へ]

たかみつさんへのお返事です。

ご投稿いただきましてありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

畑穴中草植え

 投稿者:たかみつ  投稿日:2017年 2月25日(土)11時16分35秒
返信・引用
  畑の中に穴を掘ります。そのまま穴の中に草を栽培します。
生えてきた草が肥料になると考えました。

耕された表面の土から雨で地下に流れ落ちてしまった土の
ミネラル〈鉱物質)が、土の下の方にはたまっているはずです。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs

 

三瓶博物誌

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月 7日(水)20時33分15秒
返信・引用
  朝日新聞島根県版に、三瓶一帯の自然を紹介したコラム「三瓶博物誌」があります。
本日12月7日(水)は、コバノガマズミです。
 

三瓶の植物

 投稿者:情報や  投稿日:2016年11月22日(火)10時23分4秒
返信・引用
  20メートルほど離れた場所のため、不鮮明をお許しください。
真ん中あたりにまるい実が見えるのが「ムクロジ」です。
羽根つきに使う黒くて丸いものが、このムクロジの種子だそうです。
三瓶では、初めて出会いました。」
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月22日(火)10時00分18秒
返信・引用
  朝日新聞島根県版に「三瓶博物誌」があります。
2001年から連載されています。
11月15日掲載分は多年草の「カワミドリ」です。

花の多い三瓶一帯でも、久しぶりに見かけました。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月15日(火)14時19分2秒
返信・引用
  アズキナシです。
別名をハカリノメともいうそうです。
葉の葉脈が規則正しく並んでいるのが秤の目のようだからと、いわれるようです。
 

三瓶の植物

 投稿者:情報や  投稿日:2016年11月15日(火)13時28分17秒
返信・引用
  ナギナタコウジュです。
反り返ったような花の形が、昔の武器である「薙刀」に似ていることからです。
コウジュは「香需」と書かれ、中国にある薬草の匂いに似ていることからと聞いています。

三瓶でも、そう頻繁に出合う花ではありません。

 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月 3日(木)19時07分24秒
返信・引用
  コナギです。

水田にはかならずといっていいほど生える水生植物で、農家の人には嫌われるそうです。
とてもきれいな花が咲くので、水田のリンドウと呼ぶ人もあるとか。
 

お知らせ

 投稿者:ペンション モンテ・ローザ  投稿日:2016年11月 2日(水)21時48分34秒
返信・引用
  楽天トラベルからのお申し込みは復旧しております。

三瓶山の紅葉もだいぶ進んでいます。これからが見頃です。
 

お詫び

 投稿者:ペンションモンテ・ローザ  投稿日:2016年10月14日(金)18時42分50秒
返信・引用
  楽天トラベルからご予約のお客様へ

ネットの不調の為、楽天経由のお申し込みは現在できません。
モンテ・ローザに直接お電話いただければ幸いです。
また、メールにても可能です。
ご不自由をおかけし申し訳ございません。
 

草刈休耕地

 投稿者:たかみつ  投稿日:2016年 8月31日(水)08時14分15秒
返信・引用
  農業の話なんですが、休耕地に生えた雑草はどんどん刈っていくという意味です。

若い雑草っていうのはたい肥になりやすいんです。
それで十分に成長した雑草というのは何にもならないんですよね。
だから若いうちにどんどん刈っていくっていう事なんです。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs

 

復帰

 投稿者:ペンションモンテ・ローザ  投稿日:2016年 7月14日(木)15時31分37秒
返信・引用
  ご迷惑をおかけしております、ネット申し込みの復旧のお知らせ

パソコン不調により中止しておりました、楽天経由のご利用が再開できました。

再度同様な不調が出ましたら対応いたしますのでご容赦をお願いいたします。
 

お詫びとお断り

 投稿者:ペンションモンテ・ローザ  投稿日:2016年 7月14日(木)14時12分58秒
返信・引用
  ご予約のお客様・お問い合わせをいただいたお客様へのお知らせです。
ただいま、パソコンの不具合により、ペンションへの楽天経由のお申し込みはできなくなっております。
御用の方は、お電話にてお願いいたします。
0854-83-2892
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月11日(月)20時08分28秒
返信・引用 編集済
  鮮やかな色の花です。
三瓶一帯ではよく出合うヤブカンゾウです。
橙色を帯びた赤色は草の生い茂った場所でもよく目立ちます。
ヤブカンゾウは八重咲きですが、花弁が6枚のノカンゾウという花もあります。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月 3日(日)16時20分46秒
返信・引用 編集済
  谷川沿いでみかけたチシャノキです。カキノキダマシとも呼ばれます。
最初、名が分からなかったのですが、葉が柿の葉に似ていることから、分かりました。
三瓶では初めて出合った樹木です。
 

三瓶の自然

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月 1日(金)20時15分44秒
返信・引用
  イヌシダです。葉柄にわりと長めの柔らかい毛が目立ちます。葉の裏の胞子嚢群は、コップ状です。
わりとよく見られるシダです。丈は20㌢くらいが多く、崖などでみられます。

 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月 1日(金)20時10分49秒
返信・引用
  ミヤマウズラがありました。葉の表面に見える模様に特徴があります。
初めて出合った時は、その模様が「あみだくじ」みたいに見えました。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)19時23分29秒
返信・引用
  5月の連休は三瓶もたくさんのお客さんで賑わいました。
写真の花は、レンゲツツジです。たくさんの方の目を楽しませてくれたのではないでしょうか。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月27日(水)19時50分16秒
返信・引用 編集済
  春を待ちかねたように姿を現す植物のひとつでしょう。
スズメノヤリです。雌雄異熟と言って雌しべが成熟した後で雄しべが成熟します。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月27日(水)19時38分8秒
返信・引用
  トリガタハンショヅルがありました。
鳥形半鐘蔓とも書きます。一体どこら辺りが鳥なのでしょか。分かりませんでした。
最初に見つけられた場所が「鳥形山」だったので、その名がついたのです。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月25日(月)19時56分42秒
返信・引用
  クサイチゴです。(草)クサの名がついていますが木本です。
大きめの赤い果実ができますが、とても美味しいものです。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月25日(月)19時40分50秒
返信・引用
  春たけなわですね。菫の仲間のニョイスミレも咲き始めました。
ほぼ日本全土で見られるようです。
 

オキナグサ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月24日(日)20時53分56秒
返信・引用
  山ザクラがすそ野を彩る三瓶一帯は花盛りです。
最近はめっきり減りましたが、今年もオキナグサが元気に顔を出しました。
 

三瓶の春

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月 6日(水)15時16分17秒
返信・引用 編集済
  県道沿いの桜並木です。目を奪われるほど美しいですが、桜見物は車を広いところに止めてゆっくり眺めたいですね。
三瓶山公園線にはこうした桜がたくさん植えられています。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月23日(水)17時46分6秒
返信・引用
  万葉植物として知られるヤマアイです。山藍とも書かれます。
ヤマアイはトウダイグサ科の植物です。現在、藍染めとして知られるものはアイ(タデ科)で、こちらがよりよく染まるので、ヤマアイはその役目を終えたようです。
 

三瓶の植物

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月23日(水)12時52分45秒
返信・引用
  写真のシダはカミガモシダと言います。初めて出合った羊歯です。

「上賀茂羊歯」とも書かれるのは、京都の上賀茂神社に由来することから名づけられたそうです。
島根県内では、松江などの東部地区と邑智郡内で見つけられたとする資料がありますが、大田市内では標本などはないようです。
 

冬の顔

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月 9日(水)15時20分31秒
返信・引用
  これは落葉痕と呼ばれるものです。
葉が落ちた後の様子を撮影したもので、帽子のようなものが冬芽。その下の顔みたいなものが落葉痕です。
葉を落とした木々の名を調べるときに役に立つものです。
木の種類は「アキニレ」です。撮影した木は樹高17メートル、幹回りが3メートル近い巨木でした。撮影した落葉痕は、わずか1㍉ほどの大きさです。あまりのギャップに驚きました。」
 

三瓶の景色

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月 9日(火)18時31分13秒
返信・引用
  道路上には雪はありませんが、東の原辺りはまだまだ冬真っ盛りといった景色が見られます。
写真はかつてあったスキー場を望んだものです。
 

三瓶山と浮布の池

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月 3日(水)12時06分42秒
返信・引用
  とても良い天気になりました。
雪をかぶった三瓶山と浮布の池です。池の一部は氷がはっています。
 

レンタル掲示板
/45